一之宮貫前神社:公式ホームページ

  • HOME
  • >
  • 各種御案内

一之宮貫前神社では、国指定重要文化財の拝殿で、新生児の初宮詣、お車の交通安全、厄除祈願等を年中無休で御奉仕しております。

諸祈願の受付時間
毎日午前9時より午後3時まで。
(社務所にて受け付けております)
 
一般の祈願は予約は必要ありません。
(1)受付時間内に御来社頂きます。
(2)祈祷申込書に住所・氏名・年齢等必要事項を御記入の上、初穂料を添えてお申込みください。
・初宮詣と交通安全(新車清祓)は1万円、その他の祈願は5千円から申し受けております。
(3)拝殿で御祈願が執り行われている場合は終了までお待ち頂きます。(約15~20分程度)
(4)御祈願の受付が重なった場合には、何組かでの合同祈願となりますので御諒承ください。
(5)神職の案内にしたがって昇殿して頂き、御祈願となります。(おおむね15分~20分)
(6)御祈願後、拝殿にて神職から御神札をお受けいただき終了です。
・お車のお祓いを伴う交通安全の御祈願は、お車をお祓いして終了となります。
 

社務所

11月の七五三


主な御祈願 
初宮詣 交通安全 除厄祈願
(厄年)
除厄開運
商売繁昌 事業安全 安産祈願 心願成就
事業繁栄 身体健固 七五三 旅行安全
家内安全 十三詣    

令和5年 厄年早見表
  後厄 本厄 前厄
男の大厄 42歳 昭和56年 昭和57年 昭和58年
女の小厄 37歳 昭和61年 昭和62年 昭和63年
女の大厄 33歳 平成2年 平成3年 平成4年
男25歳の厄年 平成10年 平成11年 平成12年
女19歳の厄年 平成16年 平成17年 平成18年
幼児4歳の厄年 平成31年
令和元年
令和2年 令和3年
男女61歳の厄年 昭和37年 昭和38年 昭和39年

令和5年 方位除 早見表
四緑木星 七赤金星
大正13年 昭和8年 大正10年 昭和5年
昭和17年 昭和26年
昭和14年 昭和23年
昭和35年 昭和44年 昭和32年 昭和41年
昭和53年 昭和62年 昭和50年
昭和59年
平成8年 平成17年 平成5年 平成14年
平成26年 令和5年 平成23年 令和2年
九紫火星 一白水星
大正8年 昭和3年 大正7年 昭和2年
昭和12年 昭和21年 昭和11年 昭和20年
昭和30年 昭和39年 昭和29年 昭和38年
昭和48年 昭和57年 昭和47年 昭和56年
平成3年 令和12年 平成2年 平成11年
平成21年 平成30年 平成20年 平成29年

社務所では身守り、交通安全守り、合格祈願守り、絵馬、御神籤等を授与しております。
また、近年盛んになっている御朱印帳の記帳も社務所で承っております。
(記帳・紙片書き置きは500円、新規御朱印帳は1500円です。無記帳の御朱印帳のみは授与しておりません)
交通安全の「無事かえる」は特に由緒があり、一之宮貫前神社所蔵の国指定重要文化財「白銅月宮鑑」という鏡に月の世界のかえるが描かれていること、昭和18年に境内のタブの木にかえるの形をした大きなサルノコシカケが出現し、「勝ちかえる」(戦争に勝って帰ってくる)という事で大変話題になりました。現在は交通安全の御守りとなって、事故にあわずに無事に帰ってきてほしいという願いが込められています。
 

御朱印(紙片書き置き)

錦の身守り

小槌(交通安全・金運)

地鎮祭や新居・中古住宅のお祓い、井戸の埋め戻しのお祓い、 樹木の伐採のお祓い等、承っております。
また神葬祭のご奉仕も執り行っております。
御来社頂くか、お電話にてお申し込みください。
(一之宮貫前神社:社務所 0274-62-2009)